■プロフィール

In-house Studio Master

Author:In-house Studio Master
沖縄こどもの国
ワンダーミュージアム
インハウス工房

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6・23 正午の様子
6・23(慰霊の日)小さな子からおばぁちゃんまでたくさんの人達があつまりました。61年前の今日の日は、20数万人の「命」が消えた沖縄戦が終わった日です。いまは、戦争を体験したおじーも、おばーもみんな笑顔で過ごせる時代となり、毎日、泣き、怯え、恐怖に包まれたあの61年前からすると、今はどんな時代だといえるのでしょうか?
照り輝く太陽、ふりそそぐ雨、風、ひびきわたる音楽は、あの日はどのように感じることができたのでしょうか。おそらく61年前の太陽は「光」と感じたに違いありません。
わたし達は、そのつながりの中で生まれてきた「ひとり」です。
そして未来への「いのち」をつなげる「ひとり」であり、伝える「ひとり」でもあるのです。
まだ小さくて今日の意味を知らない子どもたちは、今日の思い出が考えるきっかけになるまで、大人たちは大切に子ども達と時間をすごしてくれたらと思います。
若い世代は、私たちが次へつなげる「ひとり」の存在だとしたら、何ができるのか、どう生きていくのかを考える時間をみつけることの大切さを感じてもらえたらと思います。
20060624115558.jpg



pi-su2am.jpg
きれいなピースアンブレラと笑顔
pi-su3am.jpg
おかぁさんと一緒に
pi-su4am.jpg

pi-su5am.jpg
先生と一緒に
pi-su7am.jpg
消えていった「いのち」へ祈りをこめて黙祷
pi-su8am.jpg
平和を願うピースアンブレラがひろがる
pi-su9am.jpg
「光」の音楽を傘の下できく「いのち」のつながりを音楽にのせて FUNKIST(artist)
pi-su10am.jpg
会場の子ども達と一緒にピースアンブレラ カクマクシャカ(artist)
スポンサーサイト
つながリング | 12:02:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。